公益財団法人 婦人児童問題研究所
HOME
婦人児童問題研究所について 事業内容 交通・アクセス お問い合わせ
財団沿革
終戦後の動乱期に、特に婦人や児童の心身両面にわたる援護のために、前理事長福田純子、福田昌子(姉) 、福田房子(妹)氏により、健康・医療・福祉活動によって社会に貢献する施設として、昭和25年に財団法人婦人児童問題研究所が設立されました。
後の昭和47年に地域住民の幼児、児童、生徒、婦人を対象とする体育施設・研修センターとしてグリーンカレッジが設立されました。昭和57年に新たに体育館を建設し、青少年の健全な育成を目的とした体操教室・新体操教室が開設されました。
そして当財団は、平成26年4月1日より公益財団法人として新たにスタートしました。
事業内容
(1) 体操・新体操などのスポーツを通じて青少年の健全な育成を目的とする事業
(2) 地域住民の健康維持増進に寄与する事業
(3) 研修施設、体育施設を運営する事業
役員定数
理事  3名 (内 理事長 1名)
監事  1名
評議員  3名
役員名簿
役職 氏名 常勤・非常勤の別
理事長 武藤 精二 常勤
理事 久賀 克彦 非常勤
理事 森山 文雄 非常勤
監事 清田 護 非常勤
評議員名簿
役職 氏名 常勤・非常勤の別
評議員 山中 一男 非常勤
評議員 市川 重之 非常勤
評議員 岩井 浩二 非常勤
婦人児童問題研究所について

情報公開

公告・開示





婦人児童問題研究所について | 事業内容 | 交通・アクセス | お問い合わせ | 個人情報保護方針について